プラセンタと美女

プラセンタと美女

美容に関心のある人は、プラセンタという言葉を聞いたことがあるでしょう。
プラセンタという言葉は、英語で胎盤のことを意味しています。
言葉だけからイメージするのは難しいかもしれませんが、美容分野で使われているプラセンタは文字通りの胎盤ではありません。

胎盤に含まれる有効成分だけを分離させたものをプラセンタやプラセンタエキスと言います。
プラセンタは古代からあり、紀元前にはヒポクラテスが美容と健康に寄与するということで治療に活かしていたとの記録が残されています。

かの有名なクレオパトラやマリーアントワネットも、美しさを保つのにプラセンタを役立てていたと言われています。
美容や健康に良い影響をもたらすプラセンタは、アミノ酸やたんぱく質、糖質さらにビタミン、核酸、ミネラル等など様々な栄養素を成分としてできています。

赤ちゃんは1個の受精卵から、10ヶ月ほどの期間で大きくなっていきます。
胎児の成長にプラセンタが大いに関係しているのです。
プラセンタには強い成長因子が含まれており、この働きが赤ちゃんが人間へと形作られていく際に欠かせないものです。

プラセンタには細胞分裂をサポートし、細胞の働きが強まるために新陳代謝にも良い影響を及ぼし、皮膚の血行がよくなったり、肌のハリやつやがよくなったりします。
なお、活性酸素を排除する働きもプラセンタはしますから、老化防止にも役立つと言われています。

その他にも、プラセンタは自律神経を整えるという力もあり、ストレスに負けない体を作ったり、うつ症状を抑えたりなど、精神面に与える影響も注目されています。