動物性プラセンタ

動物性プラセンタ

プラセンタが胎盤を指しているというのは聞いたことがあると思いますが、実のところどんなものが使用されているのかというところまでは知っている人は少ないようです。
美容や医療の目的で利用されているプラセンタには、いくつかの種類があります。
プラセンタには、大きく分けて動物性と植物性が存在しています。

このうち動物性プラセンタは、人に限った話ではなく、豚、馬、羊の胎盤があります。
人に利用するわけですからプラセンタも人の種類が最適なイメージを抱きがちではありますが、実のところ人の胎盤が採用されることはほぼないと言えます。
実際に人の胎盤を駆使しているものは許可を受けた製薬メーカーで製造され、医療機関だけが取り入れています。

これまでには牛から抽出したプラセンタが製造されていましたが、狂牛病の問題が発覚してからは使用が禁止となっています。
現在、一番多く利用されているのは豚を原材料としたプラセンタです。
豚が元になっているプラセンタは人間の組織に近いため、人にも適しているようです。
もう片方の植物性プラセンタに関しては、ちょっと変な感じがするかもしれません。
プラセンタは胎盤のことですから、一体何からできているのか気になるでしょう。

この植物性のプラセンタは植物由来となっており、アミノ酸やミネラル、ビタミンなどがたくさん入っています。
しかし、動物性のプラセンタが持つ細胞の活性化に役立つ成長因子は持っていません。
このために、肌や細胞を若返らせるような動物性プラセンタと同じパワーが期待できるかどうか疑問の声もあるようです。