プラセンタの副作用

プラセンタの副作用

プラセンタは、美容に効くと評判を呼んでいて相当数の女性愛用者がいます。
でも、注射やサプリメントなどの方法で体内に入れるものであることから、プラセンタの安全度を確かめなくてはなりません。

インターネット上をメインに情報収集をしたところ、プラセンタによる大きな副作用はないと考えられています。
プラセンタの代表的な成分ですが、アミノ酸でできているので、体に良くないようなものではないのです。

プラセンタの副作用として挙げられるものには、体のかゆみなどがあります。
この副作用は、アミノ酸アレルギーの方がプラセンタを摂り過ぎた場合などに見られるようです。
こういったケースでは、プラセンタの摂取量を減少させる、摂取間隔を長くとることで改善することが多いでしょう。

また、副作用というわけではありませんが、プラセンタにはホルモンバランスをコントロールする作用がありますので、月経の出血量が増加するようなケースもあります。
閉経を迎えた女性の生理が再開する、通常より妊娠しやすい傾向があるようです。
この他、むくみが生じたり、軟便などの症状が出ることもありますが、概して一時的な問題であり、服用をストップしなければ解消されるため、心配はないでしょう。

プラセンタは胎盤から抽出する形で作り出されているものですから、感染症や狂牛病などの心配があるのではと考える人もいますが、今の時点でプラセンタを取り入れたことでの感染したなどの症例はありません。
というように、プラセンタはそれほど危険ではないと分かるはずですが、合わない体質の場合もあるので、異変を感じた際にはただちに使用をやめ、医療機関に相談する必要があります。