プラセンタと美容

プラセンタ注射

美容や健康に良いと評判のプラセンタは、医療機関ではプラセンタ注射という名称で利用することができます。
プラセンタ注射は、プラセンタを直接体内に入れるため、化粧品やサプリメントなどに比べて効き目がすぐにあらわれると言われています。
しかし、プラセンタを一度注射したからといって、効き目が永久的に続くわけではありません。

長期間に渡りプラセンタの効果をキープするには、一週間に1回くらい注射するといいようです。
プラセンタ注射を継続して行なうと、細胞の活性化が認められるようになるので、1回の注射の効果が長続きするようになります。
プラセンタ注射が必要とされる更年期障害、肝機能障害、乳汁分泌不全などの病気の場合には保険の適用となります。

それ以外のシミ、そばかすの改善やアンチエイジングといった美容効果を得ることが目的の注射なら保険適用にはなりません。
プラセンタ注射に保険が使えない場合には、自己負担となり、各医院によって金額はさまざまです。
自費でのプラセンタ注射の費用としては、大抵2000円程度でしょう。
また、肩こりや腰痛などの痛みを軽減するためにプラセンタ注射を行なったときにも医療行為であるとは言えないとされ、保険適用とはなりません。

保険適用に当てはまるプラセンタ注射としては2つの種類が取り扱われていて、更年期障害や乳汁分泌不全に関してはメルスモン、肝機能障害のためにはラエンネックが使用されます。
プラセンタ注射のやり方としては、腕やお尻といった箇所への皮下注射や筋肉注射で行う場合や、点滴で取り込む方法も挙げられます。
なお、腰痛や肩こりについては直接ツボ打ちを施します。
どれを選んで注射を行う場合でも、医師の話をよく聞き、不安や疑問を解消した上でプラセンタ注射をするようにしましょう。